IMG_7042_edited.jpg
深層熱セラピーとは
私たちが行う「深層熱セラピー」とは、
温熱器(理容で用いるヘアアイロンを改良したもの)を利用した
三井式温熱療法から生まれた予防療法です。
体の乱れを探り正していき、
大きな症状が現れる前に先手先手で
ケアしていくというものです。
慢性疾患をお持ちの方から、肩こり腰痛、健康維持が目的の方まで20数年愛されてきました。
熱セラピーは、整体でもマッサージでもありません。
自分では直接調整する事が出来ない内臓のストレッチです!
人間に必要不可欠な熱を使い、
内臓を動かしている神経にアプローチし、
各内臓に働きかけて体内の熱生産を活発にする手助けします。

 
血流を良くし、酸素と栄養を体のすみずみまで行き渡らせ、
消化・吸収の働きを活発にすることで
老廃物が溜まりにくい体にします。
 
また、肝臓、腎臓の動きを良くし、
排便・排尿・発汗作用を活発にし、
体内の熱生産を活発にするので、体が芯から温まります。
体内熱生産が活発になると内臓温度が上がり、
自己治癒力向上に繋がります。
慢性的な肩こり腰痛等は内臓の不調のサインかもしれません。
整体やマッサージでなかなか改善されない方は、
是非お試し下さい。

​サロン代表 中山弘美 ごあいさつ

熱が体に及ぼす素晴らしい作用と常に新たな発見に温熱一筋
20年余りが過ぎました。
深層熱セラピーは三井女子先生が考案された熱の刺激を
体に用いた温熱治療が原点です。

先生の温熱治療は、癌や難病疾患の方々から一般の方迄、
幅広く多くの方の力となって来ました。
先生は背骨への注熱を特に大切にされていました。
背骨は、人間の源である神経中枢を守っています。
背骨に熱を施し整える事で
源の神経の流れをスムーズにし
脳と身体のバランスを整えていきます。
内臓を、動かしている神経の働きを正常に近づければ
自ずと内臓が正常に働き出す。
内臓に直接熱を入れる事は出来ませんが、
熱の刺激を神経に受け取って貰い
一瞬にして脳へ、そして内臓へ伝えていく。

三井先生の温熱治療は、
人間が本来備わっている神経と身体の構造を
巧みに利用した素晴らしい療法なのです。

深層熱セラピーでは、原点の背骨の神経への
アプローチを忠実に。
そして、より深く神経を伝わって深部へ熱が届く様に
熱の妨げになっている場所を 
体の隅々から丁寧に1つ1つ探り取り除き
真相の冷えの場所を探り当て
深層部の熱源を発動させる事だけを
ずっと追求して参りました。
真相を探り 深層に熱をともす想いと皆様に
もっと気軽に熱の良さを知っていただき
受け入れて頂ける様に熱の気持ちよさも大切に。
熱による癒しの技法も同時に研究して参りました。

これからの時代は
自分の体は、自分で守る時代です。

定期的にセラピーを受け今の体の状態を確認し、
冷えの部分を取り除き、
深層部の熱原を発動する。深部体温を上げ
体内の安定性を保っておけば、
目まぐるしく変わる外側の変化に対しても動じない
変わらない安心できる内側=自分を築く事に繋がります。

熱の力で日本を元気に!
予防と安心に!
熱を必要とする方の為に!

皆様により深く、より確かな熱のパワーと
癒やしを提供できますように
三井女子先生のスピリットを心の深層に持ち
こちらも温熱一筋12年の
セラピスト、大野さんと一緒に
終わりなき熱の真髄を探求し、腕を磨いて
深層熱セラピーを益々
進化させる所存です。